通信のテキストランキング

宅建の難しい試験に1発で通るためのテキストと勉強法を、今の日本でいちばん堅実に手に入れることができるのはやはり通信講座をおいてはありません
というわけで、宅建のおすすめテキストを手に入れられる通信講座の最新ランキング、トップ3をここで発表してみます。

宅建の通信講座最新ランキング・テキストと勉強法のおすすめぶり編

1位 フォーサイト
出版社等を別に持っているのではないですが、なんといってもフルカラーでつくられた宅建のテキストの読みやすさわかりやすさ、そしてオリジナルのDVDの無駄な部分がまったく入らない見やすさ聞きやすさが票を集めました。
過去問講座や科目別の講座があって試しやすいこと、そしてどの講座も全体的に安いことも大量票の原因ですね。

2位 クレアール
クレアールは、費用がどうしても割高になるという点を残念がる声も上がっていますが、テキストと問題集の使いやすさや合格のための学習体系の完成度がよく人気の的になっているほか、映像型の教材についても見やすいという声が一定数あります。

3位 DAI-X
出版部門を通して多様な宅建のテキストを発行するDAI-Xは、通信講座でも講座の種類が多くて受講者にとって選択肢が多いことも評価されています。テキストのカラー構成や映像型の教材の板書等について、見にくいという声が多少あることで順位を下げました。

宅建の通信講座最新ランキング・テキストと勉強法のおすすめぶり番外編

4位タイ ユーキャン/LEC
どちらも宅建のテキストについては軽量であることや持ち運びがしやすいこと、合格のために必要なことばかりをよく厳選していることなどから、根強い支持者がいることで評価は安定し、宅建通信講座のテキストランキングトップ3に入ってもおかしくはありません。
ただCDやDVD、Webシステム等の教材等については、ユーキャンは映像型の教材がガイド程度しかないこと、LECは画質や画面の切り替え等について見づらさを感じる人がたまにいることで、若干物足りないという声につながる(テキストのクローズアップ等もかなり使われていて見やすくされていますが)こともあるようです。

宅建の最新の、おすすめテキストとおすすめ勉強法を与えてくれる通信講座のランキングの上位をご紹介しましたが、これを機に一気に良い勉強の足がかりを経て合格してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。