問題集の種類と使い方

宅建のテキストというと、当然宅建の仕事で使う知識の説明や試験問題の解き方を教えてくれる本を思い浮かべるでしょうが、宅建のテキストを探していると問題集もたくさん出てくることにすぐ気がつくのではないでしょうか。

宅建に合格したいなら、テキストは絶対に不可欠ですが、問題集も不可欠です。
宅建を受けようかと決めたばかりの人はテキストばかりに目がいくでしょうが、問題集はどれくらい合格に役立つのでしょうか?
実は問題集をよく解いてよく調べ上げておかないと合格はまず実現できません。宅建の問題集にはまず過去の問題集と、予想問題集とに分かれます。

宅建の過去の問題集(過去問)

過去の問題集は、まず宅建の試験問題がどんなふうに出されるのかを教えてくれます。
そして、毎年の過去の問題集を見比べていくと、共通点等が驚くほどたくさんあることがわかるはずです(宅建の試験問題は、過去の問題を焼き直してつくっているなんて意見が出るほどです)。宅建の過去の問題集を使って、試験問題の習慣性を見抜くことが、手際のよい勉強と手際のよい合格への第一歩となります。

宅建の予想問題集(演習問題)

宅建の問題集は、過去の問題集から先にやっていくほうがいいですが、そのほかに予想問題集もやったほうがいいでしょう。宅建の試験時間はあまり余裕がありません。
ぐずぐずしていると全部の問題を解けずに終わってしまいます。試験が迫ってきたらできるだけ問題を解く演習を続けて、本番慣れしておきたいものです。

宅建のテキストと問題集は、インプットとアウトプットの目的からも両方いいものを手に入れて、熱心にやり進めていくことが大事です。必要な知識のインプットとそれを本試験で解答用紙に繰り出せるようにするためのアウトプットの繰り返しが宅建の初心者の合格には欠かせないのです(インプットはテキストから行うものだと思われやすいですが、過去の問題集から試験範囲や問題のパターンを探る作業もインプットを進める上ではとても大事です)。

そんな宅建の問題集をどうやって手に入れるといいのかは次のページに進んで読み取ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。