やっぱり予備校通学が一番?

宅建,資格

 宅建等の資格にチャレンジする場合、まずは「予備校の通学講座をチェックする」という方も多いと思います。「独学は不安だし、やっぱり本格的に対策するなら予備校に通うのが一番」ということで、多少の出費は覚悟の上で今現在、通学講座を検討されているかもしれませんね。


 しかしながら、予備校に通えばすべて安心、宅建だってその他の資格だって充分狙える、というのは大きな誤解。むしろ、予備校通いによって合格が遠ざけられる、といったケースも珍しくありません。本ページでは、予備校通学に潜む意外なリスクに注目し、ご紹介していこうと思います。


 それでは、予備校通学について一体どのような点が、リスクとなり得るのでしょうか? それは「予備校通学のための時間的拘束」、そして「通学していることへの安心感」です。
宅建の資格対策のために通学講座を受講する場合、講座開講の曜日や時間に校舎に足を運ばなければなりません。学校やアルバイト、仕事等の予定を調整して、コンスタントに通学する必要があるとなれば、それは日常生活において大きな負担にならないでしょうか?
通学は一度や二度ではなく、ある程度長期的に、そして定期的にすることになります。通学講座に出席するための時間的拘束は、おそらく皆さんが想像する以上に、皆さんの負担となって生活にのしかかってくることと思います。負担感が大きくなればなるほど、学習に対する意欲も低下してくるもの。宅建挑戦を決意するも、“予備校通学を断念→資格学習も諦める”といった負のスパイラルに嵌ってしまう受験生というのは、毎年数多くいらっしゃいます。


 また、「予備校に通学している」こと自体に満足してしまい、肝心な学習がおろそかになるケースもあります。予備校に足を運んでいること、さらに講義を受講していることだけで、勉強した気分になってしまうのです。ですが、宅建の資格対策においては、講義で教えられた知識を応用力に変えていくことが重要。
そのために必要な復習や問題演習が充分に行われなければ、合格などあり得ません。予備校通学をしたとしても、資格対策はそれだけで完結するものではありません。そこをしっかり理解していないと、予備校通学をすることが逆に合格を遠ざける結果となってしまうでしょう。


 宅建資格取得のために予備校通学を検討する際には、「時間的拘束に耐えられるか」「通学に加えて必要な学習を自分で進められるかどうか」にしっかりと目を向けることが重要です。



▼一番効率よく合格できるテキストならこちら▼