合格一直線!通信教育120%活用術

宅建,資格

 宅建資格取得のために通信教育講座を受講した際、合格のために実践していただきたい工夫はいくつもあります。「せっかく通信教育を選んだのであれば充分活用して合格を目指したい」、そんなアナタはぜひチェックしてみましょう。


◎ テキストは常に携帯、家でも出先でもちょっとした時間に目を通せるように
テキストはいつでも傍らに置いて、家事の合間やリラックスタイム、待ち合わせの際のちょっとした時間等にさっと目を通せるようにしましょう。持ち運びを考慮すると、テキストは薄型、コンパクトなものを選ぶのがオススメですね。


◎ 講義は常に流しっぱなし、いつでも知識に触れられるように工夫する
自宅や車の中など、生活空間の中では講義音声が常に耳に入るようひと工夫。何気なく聞き流しているだけでも、意外と記憶に残っているものです。宅建の資格対策には講義のついていない通信教育もありますが、こうした講座は論外。講義付を選ぶのが基本です。


◎ 質問サービスは積極的に活用、疑問を即解消できるのも通信のメリット
独学と通信教育との違いは「先生がいること」にあり。教材やカリキュラムをこなすだけではなく、疑問点は先生にぶつけて都度解消させることができるのも、通信教育ならではのメリットです。通信教育選びの際には、こうした質問応対サービスがあるかどうか、さらには対応のスピードや親切度などもちゃんと調べておきたいですね。


◎ 単語カードは目につくところに貼って、効率良く暗記を
宅建資格対策の通信教育では、副教材として「暗記カード」が提供される講座も多数。カードは持ち運んで活用するだけでなく、普段目につきやすい場所に貼っていつでも見られるようにしておくのもオススメです。


これらは、日常生活の中で簡単に実践できる通信教育の活用法。いずれも基本スタンスは、「生活の中に宅建資格対策を無理なく取り入れること」にあります。通信教育を活用し、今の生活の中で確実に資格対策をこなせる工夫を考え、実践することが大切です。



▼一番効率よく合格できるテキストならこちら▼