計画に縛られてはNG、やり残しには予備日を活用すべし

宅建,資格

 宅建試験対策の通信教育といえば、どのスクールも概ね半年程度の受講期間が想定されています。
長い受験生活の中においては、どんな受験生にとっても様々なことがあると思います。勉強が波に乗って面白く感じられることもあれば、時にはなかなか捗らずにスランプに陥ることもあるでしょう。
せっかく立てた計画もこなし切れない日だって、必ず出てくると思います。


 宅建試験対策の通信教育のように、ある程度の長丁場となる勉強に取り組む際には、「計画に縛られないこと」を常に意識する必要があります。


「今日は絶対にここまで終わらせなければ」と思い詰めるあまり、試験対策がとんとつまらないものになってしまっては本末転倒。
また、急な予定が入って学習に取り組めないような日にも、焦ってばかりでイライラしていては精神衛生上良くありません。
どんな試験対策においても、まずは「楽しんで続けられること」が合格への近道です。
よって、自分で立てた計画に首を絞められるようなことがあれば、それは自ら合格を遠ざけることにつながることを忘れてはいけません。


 少しでも心に余裕を持って試験対策に臨むためには、「計画に予備日を設けること」が不可欠です。


例えば、その日にこなすべき学習量がこなし切れなかった場合にも、週末に予備日が設定されていれば、必要以上にクヨクヨしたり、翌日以降の学習へのモチベーションを低下させたり、一から計画を立て直さなければいけなくなったりといった事態を免れることが出来るでしょう。
一方で、全くゆとりのない計画に縛られていては、ひとたび上手くいかなくなればたちまち立ち行かなくなってしまいます。


重要なのは、積み残しをこなす見通しが立っているかどうか、です。宅建通信教育で学習を進められる場合には、積み残しに対し過度にイライラ、クヨクヨする必要のない計画を検討するのが得策であると言えます。



▼一番効率よく合格できるテキストならこちら▼